Muku-studio HPトップ

PRODUCT

商品

HOME > PRODUCT > まほうのくすり

まほうのくすり

元気が出ない時、涙が止まらない時、転んでケガをした時など、ちょっとしたきっかけが必要な場面で大活躍するのが『まほうのくすり』です。

振るとガラガラと音がして、色々な症状に振りかけて緩和するユニークなおもちゃです。
3 本とも違う音がして、フタは開かないようになっています。相手のことを思いやるやさしいこころを育てます。

また、おままごと遊びでも調味料として大活躍します。

☆☆☆まほうのくすりの誕生秘話☆☆☆

何気ない会話から「最近の親は子供がお腹が痛いといえばすぐに病院に連れて来る」という話しが心に留まる。そうか、痛い原因が全て病気ということになるんだなぁ。ちょっとしたストレスや何かを訴えかけるときに子どもたちは「お腹が痛い」という表現をすることがある。昔でいえば転んだ時に「ちちんぷいぷい痛いの飛んでゆけー」とか言って気持ちを安らげるような事をしていたなー。なんて思っていたらこの「まほうのくすり」というおもちゃが頭に浮かんできました。


セット内容 : 本体 ×3、シール ×6( 青 ×1 緑 ×1 赤 ×1、書き込み用 ×3)
サイズ / 重量 :(1 本)直径 4.5× 高さ 8cm/80g
材質 : ビーチ、プラスチック